世界化した柔道の違和感

柔道は柔らの道と呼ばれる日本の武道です。
武道はどこか純然たるスポーツとは違う精神性を伴った競技だと思います。
ですから、現在世界に広まった柔道に対して、私は少しばかり違和感を感じるのです。
精神性を強化するべきだと言っているのではありませんし、道を突き詰めろと言うつもりもありません。
ただ、残念な点を多く感じるのです。
今リオデジャネイロオリンピックの柔道を見ていて、感じる事があります。
最も感じる事は、柔道着の乱れを直さない事です。
日本選手は、待てで向き合うと、柔道着の乱れを必ず直していますが、
外国選手は乱れた柔道着のまま協議を継続します。
それを審判は全く正しません。
帯の上にだらけた柔道着のまま協議を続けている姿は、綺麗ではありません。
その上、柔道着を掴む事ができずに不利です。
何故審判は正さないのか。
この事からも、世界かしたJUDOは、もはや柔道ではないと感じるのです。
それとポイント制で勝敗を決する勝負です。
本来柔道は一本の技を突き詰める競技なのに、
ポイントを握った選手が時間で逃げ切ろうとする姿も、本来の柔道の姿とは思えません。
世界の人に柔道が広まったと事は利点なのかもしれませんが、本来の柔道ではない柔道を観るのは、
何だか違和感があるのです。ほかの同じ効果を謳う医薬品よりも配合されてる成分が多いです